MENU

調剤薬局事務の資格を取得すると就職に有利って本当?

調剤薬局事務の資格を取得しようとされている方の目標には、様々なものがあると思います。

 

例えば、調剤薬局事務の仕事に就いて、薬局に来られる方々に笑顔で対応し、明るい気持ちになってほしいという目標などです。

 

この目標を達成するためには、まず調剤薬局事務の資格を取得することになります。

 

もちろん、無資格の状態でも働く事は出来ますが、やはり信頼や知識の面で取得しておくことがおすすめです。

 

資格を取得したら、次は就職活動となります。

 

この就職活動に際して有利となるとされている調剤薬局事務ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

調剤薬局事務の資格は就職に有利です

調剤薬局事務の資格は、就職に有利とされています。

 

その理由は、以下のとおりです。

 

・調剤薬局はコンビニよりも数が多いため求人数も多い
・調剤薬局事務の需要が高く、今後も高まっていく予想
・調剤薬局事務は資格取得自体が比較的簡単
・パート募集が多く、主婦の方などには有利
・必要とされる知識が「薬剤」分野のみ

 

など、一部少しズレている部分もありますが、このような理由から調剤薬局事務の資格が就職に有利だとされています。

 

ただ、○○企業に就職したい!という場合などには、調剤薬局事務の資格は有利とはなりません。

 

あくまでも、調剤薬局にて働きたいという場合にのみ有利となります。

 

調剤薬局は今、コンビニよりも数が多いとされており、求人数も多くあります。

 

資格自体が出来てから比較的新しいため、医療事務などと比べると、少なく感じてしまうかもしれません。

 

調剤薬局事務の資格を取得する際に、講座など受講する場合には、就職・転職サポートが設けられている講座がおすすめです。

 

就職に不安があるという場合でも相談にのってもらうことが出来ますし、調剤薬局の求人を閲覧することも出来ます。

 

就職に有利となるとは言われていますが、応募すれば全て採用されるというわけではありませんので、その点は頭の片隅に置いておいてくださいね。