MENU

調剤薬局事務の資格|給料はどれくらい貰える?

調剤薬局事務として働けるようになったら、給料はどのくらい貰うことができるのかが気になる方も多いと思います。

 

生活していくためにはやはりお金が必要になりますし、給料が低い状態で働き続けるというのは難しいこともあります。

 

医療や介護業界はずっと給料が低いままとなっているために、労働と見合っていないということが問題となっています。

 

では、調剤薬局事務の場合には、給料はどのくらいになっているのでしょうか。

 

調剤薬局事務の給料ってどのくらい?

調剤薬局事務の資格にはいくつもの種類があります。

 

というのも、調剤薬局事務の資格が全て民間資格のため、認定している団体によって名称などが異なるためです。

 

いくつもある調剤薬局事務の資格ですが、この資格を持っていれば給料が上がるというようなものはありません。

 

そのため、自分の取得したい資格を目指すことが出来ます。

 

調剤薬局事務の仕事に限らず、給料というのは、アルバイトやパート、正社員などによって異なります。

 

また、地域によっても異なりますし、調剤薬局によっても異なります。

 

そのため、明確な給料を提示することは出来ませんので、平均的に見てどのくらいかという事をご紹介していきます。

 

もちろん、それ以上もそれ以下も有り得ます。

 

アルバイト・パートの場合

アルバイトやパートの場合、給料は大体の場合に時給880円〜1,100円程度となっています。

 

手当などがある場合は少なくなりますが、交通費や社会保険などの待遇がある場合もあります。

 

正社員の場合

正社員の場合であれば、給料は大体13万円〜18万円程度となります。

 

かなり差があるようにも感じられますが、手当などを含めると、20万円を超えるようなところもあります。

 

正社員の場合、ある程度の実務経験なども求められることがありますので、注意が必要です。

 

また、エクセルやワードなどが使用できる方は優遇しますというような求人もあります。

 

給料にどのくらい影響があるかは分かりませんが、あまり期待は出来ません。

 

給料を目当てとして調剤薬局事務の仕事をされる方は少ないと思いますので、上記のような給料を低いとは感じない方もおられるのではないでしょうか。

 

調剤薬局事務は主婦の方などに人気がある資格・仕事となっていますので、職場は親しみやすい環境となっているかと思います。

 

顔なじみの患者さんなどが多いところであれば、給料を気にせず、やりがいを持って仕事が出来るのではないでしょうか。