MENU

調剤薬局事務|独学で資格を取得する際に気をつけるポイント

何かしらの資格を取得しようとする際には、通信講座や通学講座を利用される方が多いと思います。

 

テキストも用意してもらえますし、勉強する内容を重要な点に絞って学ぶ事が出来ますので、とても効率が良くなります。

 

ですが、中には独学で取得を目指したいという方もおられるのではないでしょうか。

 

費用も講座よりは安くなりますし、完全に自分のペースで学習していくことが出来ますので、独学を選ばれる方も多くおられます。

 

ただ、独学で取得しようとする際には、いくつか気をつけておくべきポイントがありますので、ご紹介していこうと思います。

 

独学で取得を目指す場合の注意点は?

独学という資格取得方法を選んだ場合には、いくつか気をつけるべきポイントがあります。

 

1.取得したい資格の種類に合った学習を行う
2.試験に合っているテキストを選ぶ
3.疑問点を解決できる手段を確保しておく

 

など、独学の場合にはこのような点に注意しなくてはなりません。

 

調剤薬局事務の資格は、全てが民間資格となっています。

 

そのため、資格を認定している団体が複数あり、それぞれで資格の名称や試験内容が異なっているのです。

 

調剤事務管理士、調剤報酬請求事務専門士、調剤事務実務士などなど、調剤薬局事務の資格はたくさんあります。

 

たくさんある資格の種類の中から、自分が取得したい資格を決めて、その試験にあった学習方法をとらなくてはなりません。

 

講座を受講する場合であれば、もちろんその試験に合った勉強を行う事が出来ますし、疑問点も解決できます。

 

さらにテキストも、その資格試験に合ったものを用意してもらうことが出来ます。

 

ですが、独学ではそのような事は難しく、全て自分で解決させなくてはならないのです。

 

独学で取得されている方ももちろんおられるのですが、出来れば通信講座・通学講座を受講して、試験に挑むという方法をおすすめします。

 

講座によっては、在宅受験が可能となっているところもありますので、そのような講座を検討してみてはいかがでしょうか。