MENU

調剤薬局事務|資格は独学で取得できる?

調剤薬局事務の資格は、今とても人気がある資格となっています。

 

その理由としては、試験範囲が”薬剤のみ”のために、試験の学習範囲が狭いということや、就職や転職に強いということ、そして、講座によっては自宅受験が可能であるということなどが挙げられます。

 

この調剤薬局事務の資格を取得したいけれど、様々な理由があり出来れば独学で取得したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

調剤薬局事務の資格は独学で取得することは可能なのか、また、独学で取得する際にはどのようなデメリットがあるのかという事などを見ていきたいと思います。

 

調剤薬局事務の資格は独学でも取得できます

調剤薬局事務の資格は、独学で取得することが可能です。

 

調剤薬局事務の資格全てが、民間資格となっているために、試験内容や資格の名称などが異なっています。

 

全てが独学で受験できるものではないにせよ、努力を惜しまなければ独学でも取得することが出来ると言えます。

 

ただ、独学で取得しようとする際には、いくつかの点で問題があります。

 

独学で取得できるけれど、おすすめではない

独学で調剤薬局事務の資格を取得する際には、いくつかの問題点があります。

 

1.テキストなどを自分で選んで揃える必要がある
2.試験に出る部分や、重要なポイントを見極める事が出来ない
3.勉強方法を間違えると、時間だけが過ぎていく
4.下手にテキストなどに手を出すと、無駄なコストがかかる
5.疑問点などを解決できない可能性が高い

 

など、この他にも問題点がいくつかあるのです。

 

調剤薬局事務の資格を取得するための講座としては、通信講座や通学講座があります。

 

独学で取得する際の問題点は、通信講座などを受講することによって全て解決できると言えます。

 

テキストも用意してもらえますし、重要なポイントに絞って学習していくことが出来ます。

 

疑問点があっても、質問サポートがある講座がほとんどですので、解決していくことが出来ますし、正しい内容を頭に入れることが出来ます。

 

無駄な費用もかかりませんし、無駄な時間もかかりません。

 

特に通信講座であればコスパが良く、通う必要もないため、忙しい時間の合間に自分のペースで学習することが可能です。

 

独学の場合には、忙しい中で、どこが重要なのかを自分で見極めて学習計画を立てなくてはならず、勉強が進まないことが多くなります。

 

通信講座は、上記のような理由から、なんと8割以上の方が受講しているのです。

 

人気があるからには、ちゃんとした理由があるということです。

 

効率よく学習できる等のメリットが大きい事から、通信講座などを受講されることをおすすめします。