MENU

調剤薬局事務とは?

調剤薬局事務というお仕事をご存知ですか?

 

病院の帰りに薬を貰う際に、受付から会計、接客などを行ってくれるのが、調剤薬局事務の方です。

 

この調剤薬局事務のお仕事、どのような仕事であり、どのような資格が必要となるのでしょうか。

 

調剤薬局事務ってどんな仕事?

調剤薬局事務の仕事は、どのようなものなのでしょうか。

 

・受付、会計、接客、電話対応、掃除などなど、事務全般
・処方箋入力
・薬剤師の補助
・レセプトの作成
・接客

 

など、このような仕事を行っていくのが調剤薬局事務となります。

 

処方箋を持ってこられる患者さんへの対応や、顧客のデータ作成などを依頼されることもあります。

 

また、処方箋の入力をパソコンを使用して行い、調剤録として保存していきます。

 

一番重要となることとしては、レセプトの作成や調剤報酬の算定などが挙げられます。

 

こちらの仕事は、専門的な知識が必要となるものであり、しっかりと勉強して知識を身につけておく必要があります。

 

そのためには、調剤薬局事務の資格が必要なのですが、この資格は必須ではありません。

 

ただ、必須レベルで必要となることは、覚えておくべきと言えます。

 

調剤薬局事務の資格

必須レベルで必要となる調剤薬局事務の資格ですが、この資格はなくても構いません。

 

ただ、ほとんどの求人で「調剤薬局事務の資格を取得されている方」という採用条件が設けられていますので、必須レベルと言えます。

 

調剤薬局事務の資格は全てが民間資格のために、資格認定団体によって、資格の名称や試験内容、対応している講座などが異なります。

 

自分が取得したい資格をしっかりと考え、決めていかなくてはなりません。

 

ちなみに、調剤薬局事務の資格において、優劣はありませんので、好きな種類の資格を取得することが出来ます。

 

調剤薬局事務の資格を取得したい場合には、いくつかの講座の資料請求を行い、資格の内容や講座の内容などを比較してみることがおすすめです。