MENU

調剤薬局事務|資格の難易度はどれくらい?

調剤薬局事務に限らず、何か資格を取得しようとしている場合には、その難易度は気になるものです。

 

もし合格出来なかったら今までの費用や時間が無駄になる・・・と考えるだけでも、とても不安になるのではないでしょうか。

 

ある程度の難易度が分かれば、余計な心配をせずに学習に集中することが出来ます。

 

実際に試験の合格率などを見て、難易度について考えて見ましょう。

 

調剤薬局事務資格の大体の合格率は?

まずは、調剤薬局事務資格の大体の合格率について見ていきます。

 

調剤薬局事務の資格というのは、民間資格となっているために、様々な団体が資格認定を行っています。

 

そのため、調剤薬局事務と一言で言っても様々な名称の資格が存在しているのです。

 

ここでは、調剤事務管理士の資格について、難易度を見ていきたいと思います。

 

調剤事務管理士の合格率は?

調剤事務管理士の合格率は、以下のとおりです。

 

2015年11月・・・48.7%
2015年9月・・・59.8%
2015年7月・・・61.8%
2015年5月・・・51.1%

 

このように、約50%〜60%という合格率となっており、難しい試験ではないと言えます。

 

こちらの資格試験の場合であれば、年に6回実施されていますので、回数が多いことも難易度が低い理由となっています。

 

試験対策のための講座もありますので、そちらを受講することでかなり合格に近づくことが出来ます。

 

対応する講座は?

対応している講座として、ユーキャンの調剤薬局事務講座が挙げられます。

 

こちらの講座を受講すると、”資格取得試験を在宅で受験することが可能”となります。

 

テキストを見ながら受験することが出来るため、難易度としてはとても低いと言えます。

 

この難易度の低さは、調剤薬局事務の人気の理由の一つとなっています。

 

学習範囲がとても狭い

対応する講座によっては自宅受験が可能となっていることも、難易度が低いとされている理由の一つなのですが、もう一つあります。

 

それは、学習範囲が狭いということです。

 

医療事務などであれば、試験範囲はとても広くなっているのですが、調剤薬局事務に関しては、勉強する部分が薬剤のみとなります。

 

試験範囲が狭いということは、学習範囲が狭いということです。覚えることが少ないために、難易度も低めだと言えます。