MENU

調剤薬局事務の資格とは?

調剤薬局事務の仕事に就きたいと考えておられる方は多いと思います。

 

というのも、調剤薬局自体の数が、今はコンビニよりも多いとされており、見かけないほうが珍しいというような状況にあるためです。

 

調剤薬局事務の求人を見かけることも多く、興味を持っておられる方も多いとされています。

 

調剤薬局事務の仕事に就くために必須となる資格は、今のところありません。

 

つまり、無資格の状態でも、採用条件さえ満たしていれば働く事は可能ということになります。

 

では、どうして調剤薬局事務の資格取得が大切になるのでしょうか。

 

調剤薬局事務の資格の種類

調剤薬局事務の資格には、いくつかの種類が存在しています。

 

民間資格である調剤薬局事務の資格は、それぞれの認定団体によって、資格名称などが異なるのです。

 

ただ、どの資格であっても、同じ調剤薬局事務の資格となりますので、就職などに影響はありません。

 

いくつかの調剤薬局事務の資格を挙げておきます。

 

・調剤事務管理士
・調剤事務実務士
・調剤報酬請求事務専門士
・医療保険調剤報酬事務士

 

など、このような資格が存在しており、それぞれ認定している団体が異なります。

 

そのため、試験内容も違えば、受験資格も異なりますし、対応している講座も異なります。

 

どの資格を取得したいのかという事を明確にしつつ、講座を選ぶ必要があります。

 

どうして調剤薬局事務の資格が必要なの?

必須ではないのであれば、資格は不要なのでは?と思う方もおられるでしょう。

 

ですが、調剤薬局事務として働くためには、専門的知識が必要となることが多くなるのです。

 

例えば、調剤薬局事務の仕事の一つである、レセプト作成です。

 

このような仕事は、専門的知識がなくてはこなすことが出来ませんし、さっぱり意味不明という状態になりかねません。

 

専門知識を持って、スムーズかつ正確に仕事をこなせることが大切になりますので、資格を取得すべく勉強していくことが大切なのです。

 

また、患者さんとの信頼の面でも、資格は必要だと言えます。

 

患者さんに料金を請求する際に、間違った算定方法を行っていては大変です。

 

専門的な知識を得るため、そして、患者さんの信頼を得るためにも、資格の取得が必要です。