MENU

「調剤薬局事務」と「医療事務」、就職に有利な資格はどちら?

事務のお仕事の中でも、調剤薬局事務と医療事務は、似ているように感じておられる方が多いのではないかと思います。

 

同じ事務ということで、試験の内容や学習内容、就職などについても似ているように思うかもしれませんが、実はこの二つには大きな違いがあります。

 

どうせ取得するのであれば、就職に有利となる資格を取得したいと考えることは当然です。

 

では、どちらの方が就職に有利となる資格なのでしょうか。

 

調剤薬局事務は就職に有利!

調剤薬局事務と医療事務の資格を比較した際、就職に有利となる資格は、調剤薬局事務の資格です。

 

その理由としては、以下のような点が挙げられます。

 

◎調剤薬局事務は求人数が多い
◎調剤薬局の数はコンビニの数よりも多い
◎調剤薬局事務の資格は取得しやすい
◎調剤薬局事務の需要はとても高い

 

など、調剤薬局事務の資格が就職に有利となる理由には、このような点があります。

 

調剤薬局事務の求人数は、全国でとても多いとされています。

 

求人数が多いということは、待遇や条件などが良いところを選びやすくなるということです。

 

また、求人数が多いとなれば、複数の採用試験を受けることも可能ですし、もし不採用となっても次への希望があります。

 

そして、調剤薬局自体の数は、今やコンビニよりも多いとされているのです。

 

確かに、外出した際などにはよく薬局をみかけると思いませんか?

 

「調剤薬局はコンビニよりも多い→就職しやすい→調剤薬局の資格は就職に有利」ということになります。

 

さらに、調剤薬局事務の資格は、比較的取得しやすいということでも有名です。

 

こちらの資格は、認定団体によって、資格名称や試験内容や受験資格が異なるものの、学習範囲はどの試験でもとても狭くなっています。

 

医療事務の場合には、いくつもの範囲を学習しなくてはなりませんが、調剤薬局事務の場合、薬剤のみを学習すればいいのです。

 

通信・通学講座もたくさんありますので、自分に合ったものを選びやすくなっています。

 

また、講座によっては在宅受験が可能となっているものもありますので、テキストを見ながら受験でき、難易度はかなり低めだと言えます。

 

調剤薬局事務の資格自体が比較的新しいということもあり、需要に対して供給が追いついていないというのが現状です。

 

そのため、早めに資格を取得しておくことがおすすめとなります。